シミを作らない正しい洗顔方法

洗顔はスキンケアの基本です。正しい洗顔を毎日続けることで、自然と綺麗な肌を作ることができます。
正しい洗顔はシミ解消にも効果的です。できてしまったシミやシミ予防には、洗顔にも気を使いましょう。

 

シミ対策のための正しい洗顔方法

 

洗顔時、気が付かないうちに起こっているのが顔と指との間に出る摩擦です。摩擦により肌に負担が出てしまい、知らないうちにダメージが蓄積されてしまいます。

 

このダメージはシミを始め、様々な肌トラブルの原因となります。肌トラブルを防ぐためには、指と顔の間に摩擦を起こさないようにすることが重要です。

 

まず、洗顔料はしっかりと泡立て、きめ細かい泡を作りましょう。泡で撫でるように洗顔をすることで、摩擦を最小限に抑えることができます。

 

また、きめ細かい泡は毛穴の奥の汚れまで落とすことができるので、毎日洗顔を続けることで透明感のある綺麗な肌を作ることができます。

 

ポイントとしては、作った泡を手のひらに乗せ、ひっくりかえしても落ちないくらいの固さに泡立てることです。
上手く泡を作れない方は、洗顔ネットを使うと綺麗に泡立てることができます。

 

洗顔はぬるま湯で、泡を残さずしっかりと洗う

 

洗顔でついやってしまいがちなのが、熱いお湯でゴシゴシと洗い流してしまうことです。熱いお湯は肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌を守るバリア機能が低下してしまい、シミができやすい環境になってしまいます。

 

また、生え際や小鼻、あごの下などの流しにくいところは洗顔料が残ってしまいがちですが、しっかりと洗い流さないとシミの原因となってしまいます。洗い残しがないように気を付けましょう。