シミの種類と原因

一言でシミとまとめても、その種類と原因は様々です。シミ解消をする上で大切なのが、シミの種類と原因に合ったスキンケアです。自分のシミを知ることで、効果的出にシミを解消することができます。今回は、シミの種類とその原因についてご紹介します。

 

肝斑

 

近年、CMや雑誌などのメディアで多く取り上げられるようになったのが肝斑というシミです。肝斑は、肌の老化が気になり始める30代から40代の女性に多く見られるシミです。

 

特徴として、頬骨や鼻の下に左右対称に発生し、濃淡が均一となっています。肝斑は女性ホルモンが関係していると言われており、閉経後は自然と消えるシミです。食生活や生活習慣を整え、女性ホルモンの分泌を意識することで、肝斑対策をすることができます。

 

脂漏性角化症

 

脂漏性角化症は、シミの部分が隆起した状態のシミで、イボのように見えるのが特徴です。顔だけでなく手の甲にもできる場合があります。

 

脂漏性角化症はスキンケアなどのセルフケアでは消すことができないため、専用の機械を使った治療が必要となります。気になる方は、まずは最寄りの皮膚科で相談をしましょう。

 

遅発性両側性太田母斑

 

額や頬にできるシミで、茶褐色や青色のあざのような見た目が特徴です。日本人に多くできるシミの一つと言われています。

 

こちらのシミも専門的な治療が必要となります。主にレーザー治療が行われるので、治療前は専門医と相談しながらしっかりとした治療を行いましょう。

 

そばかす

 

そばかすは遺伝的なもので、幼少期から出てくるシミです。形は不規則で、薄い褐色のシミが顔全体にできます。

 

紫外線や生活習慣などで濃くなったり増えることがあるので、そばかすに悩んでいる方は紫外線対策や生活習慣には気を付けるようにしましょう。