シミとそばかすの違い

多くの女性が悩んでいる肌トラブルに「シミ」と「そばかす」があります。シミとそばかすは一見すると同じように見えますが、実は似て異なるものです。今回は、シミとそばかすの違いについてご紹介します。

 

シミの特徴

 

シミは後天性のもので、加齢と共に色が濃くなっていきます。特に30代以降の女性に多く見られる肌トラブルで、頬や額、目の周りに左右対称にできるのが大きな特徴です。

 

シミの原因としてあげられるのが紫外線やニキビ跡などの肌ダメージです。紫外線を浴びると肌はメラニン色素を作り出し、これが濃くなるとシミになります。

 

ニキビ跡などの肌ダメージは、正しい治療を行わずしっかりと治さないまま放置しておくことで、炎症の跡が色素沈着を起こし、シミとなります。

 

そばかすの特徴

 

そばかすは先天的なもので、5歳から思春期にかけて発症します。目の周りや頬に米粒くらいの大きさの色素沈着ができ、散らばるように出てきます。見た目はぽつぽつとしているのが特徴です。

 

色白の方に特に多く見られ、季節により色が濃くなったり薄くなるのも特徴としてあげられます。そばかすの原因としてあげられるのが、遺伝性のものです。親にそばかすが見られる場合、その子供もそばかすが出やすくなります。

 

肌のターンオーバーで排出されずに残ってしまうと、大人になっても消えないまま肌に残ってしまいます。
このため、そばかすはシミと混同されがちです。

 

シミとそばかすはどちらも紫外線に注意

 

原因が大きく異なるシミとそばかすですが、予防と対策法はどちらも一緒で、紫外線を浴びないようにすることが効果的です。

 

シミは紫外線を浴びることで原因となるメラニンが発症しやすくなり、そばかすも紫外線で濃くなります。一年を通して紫外線を直接肌に浴びないように、日焼け止めや長袖の服を着るなどの対策を行いましょう。