美容がシミの原因に?シミを作り出してしまう間違った美容方法

美容に良いと言われている習慣が、実はシミを作り出す原因となっていることがあります。正しい知識で正しいスキンケアを行わなければ、シミができやすい肌環境となってしまい、将来的にシミに悩んでしまうことになってしまいます。

 

今回は、シミを誘発する間違った美容方法をご紹介します。当てはまる方は今一度、自分のしている美容方法を見直しましょう。

 

レモンパック、きゅうりパック

 

レモンやキュウリに含まれているビタミン類などが肌に良いと言われていることから、食べるのではなく肌に直接張り付け、パックにするという美容法があります。

 

しかし、この美容法はレモンやきゅうりに含まれている「ソラレン」という成分を直接肌に塗り込んでしまい、現在ではシミを誘発する原因と考えられ、あまりすすめられていない美容法です。

 

ソラレンは紫外線の吸収率をアップさせてしまい、シミができやすい肌を作ってしまいます。この成分を肌に直接塗ることで、紫外線に対する肌のバリア機能を低下させてしまうのです。

 

朝食代わりのフルーツ

 

朝は胃腸の働きが低下しているため、朝食代わりに口当たりの良いフルーツを食べている方は多く居ます。しかし、フルーツの中には紫外線の吸収率を上げてしまうソラレンが多く含まれているものがあります。

 

一日の始まりにソラレンを摂取することで、日中の紫外線を肌が吸収してしまい、シミができやすくなってしまうのです。

 

冷水ケア

 

毛穴を引き締めるために冷たい水で顔を洗うという美容法は一般的ですが、冷水は肌の血行不良の原因となります。血行不良が起こった肌は、肌のターンオーバーが滞ってしまい、シミのある肌がいつまでも残ってしまいます。

 

冷水ケアだけでは毛穴を引き締めることはできません。日常的に冷水で顔を洗っている方はケア方法を見直しましょう。