シミ対策のための正しい日傘の選び方と使い方

シミの大きな原因となる紫外線対策には、日傘の使用が欠かせません。最近ではオシャレな日傘も多く販売されるようになり、夏のファッションの一つとして多くの女性に使用されています。

 

しかし、あまり知られていないことですが、日傘には寿命があります。夏しか使わないという方が多いため、同じ日傘を長く使ってしまいがちですが、寿命のきた日傘は使っても紫外線を防ぐことができません。

 

日傘の寿命

 

見た目には壊れてない限り、日傘は紫外線をカットすることができると思われがちですが、日傘は使用するたびに劣化しています。

 

夏の強い日差しは日傘の生地にダメージを与え、紫外線をカットする日傘の機能を低下させてしまっているのです。

 

見た目にはまだ使えると思われがちな日傘ですが、平均してその寿命は1年から3年と短いものなのです。
しっかりと紫外線予防をする場合は、季節の変わり目には日傘を買い替えることをオススメします。

 

日傘にはケアが必要

 

日傘の寿命を延ばすためには、普段からのケアが必要です。濡れてしまった場合はしっかりと乾燥させましょう。

 

使用した後は乾いた布で汚れを落とし、出しっぱなしにせず袋に入れるなどして外部からのダメージを防ぎましょう。

 

長期間保管する際は暗所にしまい、埃や汚れが付かないようにしっかりと包装して保存するようにしましょう。しかし、ケアをしていても使用していれば日傘は寿命がきてしまいます。

 

目安として、ケアしている場合でも最長3年で寿命が来るので、季節の変わり目には定期的に日傘を買い替えるようにしましょう。