10代から20代のうちにやっておきたい!普段からできるシミ対策方法

シミは加齢と共にできるというイメージがありますが、若いうちから正しい対策をすることで、シミを予防することができます。

 

肌のターンオーバーが正常になされている10代から20代は、気が付かないうちに肌に負担をかけてしまいがちですが、それが後々の肌にシミという形ででてきてしまいます。肌が綺麗な10代から20代のうちこそ、シミ対策をしっかりと行いましょう。

 

紫外線予防

 

シミの大きな原因としてあげられるのが紫外線です。紫外線を浴びた肌はメラニンを生成し、シミとなって肌の表面に現れてきます。

 

紫外線予防は、日焼け止めや日傘の使用や、肌を日光に当てないように長袖の服を着たりUV加工の服を着るなど、ちょっとの工夫で紫外線をカットすることができます。特に紫外線が強い時期は、日焼け止めをしっかりと塗り、汗をかいたら塗り直すなど入念な対策をしましょう。

 

スキンケア用品を選ぶ

 

10代から20代のスキンケアは、それ以上の年齢の方に比べ、あまり気にしていない方が多い傾向にあります。しかし、毎日使うものだからこそ、スキンケア用品選びは重要となってきます。

 

高い商品を買う必要はありません。まずはスキンケア用品のパッケージを見て、何が含まれているかをチェックします。肌に良い成分はもちろんのこと、余分な添加物や着色料が入っていないかをしっかりと確認しましょう。

 

生活習慣に気を付ける

 

肌を作る土台となるのが普段の生活習慣です。スキンケアや紫外線対策も重要ですが、肌の土台をしっかりと作らなければ、どんなに効果的なケアをしても意味がありません。

 

若いうちは寝ないでも無理ができますが、シミのない綺麗な肌を作るためには十分な睡眠が必要です。特に、夜の10時から夜中の2時は肌を新しく生まれ変えさせることができる重要な時間帯です。この時間帯はしっかりと寝るように、今のうちから習慣付けておきましょう。