シミ消す化粧品ランキング!

 

シミに効く化粧品成分まとめ

 

シミをセルフで解消するためには、シミに効果的な成分が含まれている化粧品を選ぶ必要があります。今回は、シミ解消に効果が期待できる化粧品成分をご紹介します。

 

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは、シミの元となるメラニン色素を作り出すメラノサイトという働きを抑制する働きがあります。シミの原因に直接作用するため、シミ解消に高い効果があると言われています。

 

しかし一方で、ハイドロキノンは非常に刺激が強い成分とも言われています。実際に使用した方が肌荒れしてしまったという声も多く聞かれます。ハイドロキノンを使用する前は必ずパッチテストを行い、自分の肌に合うかどうかを確認しましょう。

 

アルブチン

 

アルブチンには、αアルブチンとβアルブチンの2種類があります。近年多く使われているのがαアルブチンで、βアルブチンに比べて肌への負担が少なく、高い美白効果が期待できます。しかし、即効性はないため、長期間の使用が必要となります。

 

ビタミンC誘導体

 

近年多く聞かれるようになったのがこのビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は美白効果のあるビタミンCを浸透しやすく人工的に改良された成分で、シミの元となるメラニン色素の生成を抑制してくれます。

 

厚生労働省に効果が認められている成分なので、シミ解消に高い効果が期待できます。また、ビタミンC誘導体には高い抗酸化作用やハリの元となるコラーゲンの合成促進効果もあるので、シミだけでなくシワなどのアンチエイジング対策にも効果的です。

 

シミの原因は加齢なの?

 

シミは加齢と共にできるというイメージがありますが、実は若い頃に負った肌ダメージが原因となり、加齢と共に出てくるものなのです。今回は、シミの主な原因となるものをご紹介します。

 

日焼け

 

シミの大きな原因となるのが日焼けです。紫外線を浴びた肌は日焼けを起こし、メラニンの生成が起こります。このメラニンが濃くなることでシミができてしまい、肌のターンオーバーでも排出されずにずっと肌に残った状態となってしまいます。日焼けによりできてしまったシミは中々消すことができません。普段から日焼け対策を行うことが大切です。

 

乾燥

 

乾燥は様々な肌トラブルの原因となりますが、シミもその一つです。乾燥した肌は外部身体のダメージを受けやすくなり、シミの原因となる紫外線にも弱くなってしまいます。すると、シミができやすい肌環境となってしまうのです。

 

ニキビ

 

ニキビができた肌は炎症が起こります。正しい治療を行わないと炎症がそのまま肌に残ってしまい、やがて色素沈着が起こってしまい、それがシミとなって肌にできてしまいます。

 

ストレス

 

ストレスは心身に悪影響を及ぼします。ストレスが溜まってしまうと、肌のターンオーバーが正常に行われず、古い肌がいつまでも肌に残ったままとなってしまいます。すると、外部ダメージから弱い肌となってしまい、シミができやすい肌環境となってしまいます。また、ストレスを受けた身体は、シミができた肌がターンオーバーで正常に排出されないため、いつまでも肌にシミが残ったままとなってしまいます。

 

シミを放置すると…どうなるの?

 

シミができてしまった肌は中々消すことができません。毎日しっかりとスキンケアをしていても中々効果が出ずに、放置してしまっているという方も多く居ると思います。放置してしまったシミは、肌にどのような影響を与えるのでしょうか。

 

シミが濃くなる

 

シミは放置しておくと、徐々に濃くなっていきます。最初は淡褐色だったシミが、放置しておくことで化粧でも隠すことができないほど色が濃くなってしまい、シミが目立った肌となってしまいます。シミが目立つ肌は見た目年齢を老けて見せてしまいます。また、シミの目立つ肌は見た目の印象も悪く見せてしまうので、シミを見つけたら放置せず、早急な対策が必要となります。

 

肌全体が黒ずんで見える

 

シミは放置しておくと段々と大きくなり、顔全体に広がっていきます。すると、肌全体が黒ずんで見えてしまい、顔色が悪く見えてしまいます。顔色が悪く見えると、見た目にも不健康に見せてしまいますし、化粧品で全体をカバーすることも難しくなります。

 

セルフケアでは消せなくなってしまう

 

放置したシミはいつまでも肌に残った状態となります。すると、肌の奥深くまでシミが沈着してしまったり、肌全体にシミができてしまいます。すると、セルフではシミを消すことができなくなり、この状態のシミを消すためには美容外科などで専門的な治療が必要となってしまいます。

 

治療は保険がきかない場合がほとんどで、1回の治療で高額な治療費が必要となります。また、1回の治療ではシミを消すことができないので、何回も治療のために通院が必要となります。結果、シミ治療のために、コスト面と通院の手間で大きな負担となってしまうのです。

 

シミを消す化粧品の失敗しない選び方

 

近年、シミに悩む女性は増加しており、需要の高まりと共にシミ対策専用の化粧品が多く販売されるようになりました。しかし、本当に効果のある化粧品を使わなければ、シミを解消することはできません。今回は、シミ用化粧品の失敗しない選び方をご紹介します。

 

成分表を確認する

 

シミに効果的な成分は様々なものがありますが、その中でも特に効果が期待できるのが、厚生労働省が認可した薬用美白成分です。

 

薬用美白成分は、アルブチン、ビタミンC誘導体、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、カモミラET、トラネキサム酸、リノール酸、コウジ酸、4MSK、マグノリグナン、ハイドロキノンの12種類です。これらの成分が化粧品に含まれているかをまず確認しましょう。また、含有量も大切です。ごく僅かの量しか含まれていない場合、充分な効果は期待できません。

 

値段を確認する

 

良い化粧品はどうしても高価なものになりがちです。ですが、化粧品でシミ対策を行う場合、長期間の使用が必要となります。期間が長くなればなるほど費用面での負担も大きくなります。購入する前には必ず値段を確認し、無理なく続けられる範囲かどうか判断しましょう。

 

口コミを調べる

 

実際に使用した人の意見を参考にするのも有効な手段です。本当に効果のある化粧品かどうか、購入前に口コミで確認してみましょう。商品名を検索すれば多くの口コミが検索結果で出てきます。また、口コミを調べることで成分表だけでは分からない使用感などを知ることもできます。

 

シミを消す化粧品の正しい使い方

 

美容意識の高まりと共に、近年では様々な種類の化粧品が販売されています。シミケア化粧品もその一つで、シミに効果的という広告で販売されているグッズは数多くあります。しかし、シミケア化粧品は正しい使い方をしなければ効果はありません。今回は、シミケア化粧品の正しい使い方をご紹介します。

 

毎日使う

 

どの化粧品にも言えることですが、シミをセルフで解消する場合、長期間の使用が必要となります。そのためには、オールシーズン使えるシミケア化粧品を毎日使い続ける必要があります。シミにピンポイントで使う化粧品など、使う場面が限られているグッズの場合、まずは毎日使い続ける習慣を身に付けましょう。

 

どうしても忘れがちな方や、毎日使うのが手間という方は、毎日使う化粧水や乳液などの基礎ケア商品にシミケア化粧品を選ぶのも有効です。

 

紫外線対策グッズと併用する

 

シミの大きな原因に紫外線があげられます。紫外線を浴びた肌はメラニンを生成し、それが濃くなり肌に沈着することでシミが発生します。紫外線を浴びた肌にシミケア化粧品を使ってもあまり効果は期待できません。日焼け止めやUVカットグッズを使うなど、紫外線対策をしっかりと行った上でシミケア化粧品を使いましょう。

 

使用量を守る

 

シミケア化粧品には、シミに効果がある成分が含まれています。この成分の効果を最大限に発揮させるためには、商品ごとの使用料をしっかりと守る必要があります。量が少な過ぎると効果はもちろん出ませんし、多く使い過ぎると思わぬ肌トラブルを招いてしまうことがあります。シミケア化粧品を使う前には、商品の使用量をしっかりと確認しましょう。